トップページ

鳥取県社会生活自立支援センターへのリンク

とっとり東部権利擁護支援センターとは

とっとり東部権利擁護支援センター(愛称 アドサポセンターとっとり)では、判断能力が衰えても、住み慣れた街で暮らすことができるよう、成年後見制度のご利用の相談をお受けしております。

  • 高齢で一人暮らしになり、これからの生活が心配…
  • 自分が死んだ後、知的障害の子供の今後をどうしよう…
  • 祖母が悪質商法に引っかかるかもしれない…

◎成年後見制度とは

認知症や知的障害、精神障害などにより、自分ひとりで判断が難しい状態にあり、ひとりでは契約や財産の管理などをすることが難しい方が、自分らしく安心して暮らせるようにその権利を護り、法的に支援する制度です。成年後見制度は、法定後見制度と任意後見制度に分けることができます。

◎法定後見制度

既に判断能力が不十分な状態にある人を保護・支援する制度です。
本人や家族からの申し立てにより、家庭裁判所が適任と認められる人を成年後見人等として選び、可能な限り本人の希望を踏まえつつ、適切な権限を与えて、本人を保護・支援します。本人の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」の3つの類型があります。

◎任意後見制度

現在、判断能力が十分な状態にある人が、将来に備えて利用する制度です。
自分の選んだ人(任意後見人)に、判断能力が不十分になったときの財産管理と身上監護の事務の代理権を与える「任意後見契約」を公証役場で公正証書によって結んでおき、実際に判断能力が不十分になった場合に、本人や家族からの申し立てにより、家庭裁判所が任意後見監督人を選任し、その監督の下で任意後見人による保護を受けることになります。

◎アドサポセンターとっとりの連携体制

アドサポセンターとっとりでは、行政からの委託や補助金を受け、成年後見制度
を活用した権利擁護事業を行っています。
当法人の会員は、弁護士、司法書士、行政書士、社会福祉士など、法律や福祉の
専門職であり、一致団結して成年後見制度の活用を図っています。
家庭裁判所の推薦依頼に応えて法人後見を行ったり、後見人となる専門職を紹介
するほか、地域の方々の相談に対応したり、地域包括支援センターとの連携など
を行っています。